あの名盤が甦ります。LPレコードのCD化

12cmジャケットは二つに折るとCDスリムケースに入ります。


 「ルー・タバキン & 宮間利之とニューハード」のダイレクトカット版LPレコード。この絵はLPレコードのジャケットではありません。LPジャケットから作成した12cm四方のCDジャケットです。
 1976年に、秋吉敏子ジャズオーケストラのリードサックス奏者ルー・タバキン(秋吉敏子さんの夫)を迎えてダイレクトカッティング録音をしたLPレコード。今では貴重な1枚です。
 ダイレクトカットとは、通常録音のように最初にテープに録音するのではなく、直接カッティングマシン(レコードをプレスするの原版を作る機械)に記録する録音方式です。編集は一切できませんので演奏そのものが原版にナマ音で記録されます。このレコードには片面3曲づつ計6曲のすばらしい演奏が入っています。少なくとも片面の3曲分は連続して演奏され、演奏の失敗、その他によるやりなおしはできません。こんな貴重なレコードもCD化しておけば何時でもすばらしいサウンドを楽しむことができます。


 
since Aug 20 2000
Home