カメラあれこれ雑記帳

デジタルカメラ雑感


 画素数に騙されてはいけない!
 テレビ通販のコンパクトデジカメは今1,200万画素が主流。A3にプリントするとクローズアップで撮った猫のヒゲや花のおしべが「こんなにくっきり写る」と連呼して1,200万画素の力を宣伝している。1ギガのメモリーには6千枚が入ると誇らしく紹介している。落とし穴がいっぱいある。
 はたしてA3までプリントする購入者がどれほどいるだろうか、大半はLサイズプリントですませるのが普通だろう。A3プリントができるプリンターを持っている人も少ないだろうし、持っていてもA3プリントを頻繁にやろうものなら紙とインク代に悲鳴をあげることになる。また6千枚というのはVGAサイズ(640x480)の話で、高画質の数メガサイズの画像なら高々100枚程度だろう。一応、コマーシャル画面には殆ど読めないくらいの小さい字で「640x480の場合」と表示されてはいるが。
 2007年製の830万画素のコンパクトと2006年製610万画素の一眼レフを同じ条件で撮影比較してみた。PC(パソコン)に取り込んでピクセル等倍に拡大して調べてみるとその差は顕著である。一眼レフの方が明らかに像が安定しているし色再現もしかり、暗部に描写の差があらわれる。搭載されている画像処理エンジンなどの差もあるだろうがピクセル密度を上げても受光素子の面積が変わらない限り像の改善はあまり期待できないことがよくわかる。(T.Kubo、2010年1月記)

 デジタル一眼レフとベス単レンズ
Click to enlarge it.  ヤフオクでgetしたペンタックスK100d SuperにはTamron18-200が付いてきた。スナップカメラならこれ一本で事足りる。デジタル一眼レフといってもK100d Superは入門機で撮像素子はたったの610万画素。しかし比較的小型軽量、単三型電池使用には好感がもてる。フィルムカメラはずっとアサヒペンッタクスSPFをメインで使っていた。一時フラグ機のペンッタクスLXを愛用していたが、途中でスクリューマウントのSPFに逆戻り。理由は、さまざまなレンズが中古で安く買えるためでフィッシュアイから300mmまでを揃えている。が、ズームは一本もない。
 この中に長年愛用しているM42スクリューマウントのベス単レンズがあり、常々これをデジカメに付けて撮ってみたいと思っていた。
 日本の大正時代(1912〜26年)に米国イーストマン・コダック社から販売されたベスト・ポケット・コダックという蛇腹カメラに付いている焦点距離約72mm、明るさF6.8くらいの単玉レンズをシャッターアセンブリーごと取り外して一眼レフに取り付けてソフトフォーカスを楽しむことが知られている。APS-Cサイズでは35ミリカメラレンズ換算で105mmレンズの画角に相当する、ポートレート向きのレンズといえる。
 ペンタックスのKマウントカメラにはM42用変換アタプターが用意されているのでスクリューマウントレンズでもそのままK100d Superに取り付けることができる。幸いこのカメラにはボディ内の手ぶれ防止、絞り優先撮影やフォーカスエードがM42レンズにも対応していて便利である。デジイチは何でもよかったが、手持ちレンズが即使えることからペンタックスを選んだわけだ。このK100d Superはベス単レンズ専用機として活躍している。
Click to enlarge it.  もう一本はむかし旧型ライカ用に作った「タンバール・モドキ」の借用だ。コダックブローニカメラの単玉メニスカスレンズをソフトフォーカスレンズとして利用するもので愛好家の間では「ブロ単」の通称で知られている。
 この90mmF5.6ブロ単は出所不明だが明治初期のコダックブローニーカメラのものらしい。35ミリカメラレンズ換算で135mm画角になる。画角が小さく出番は少ないが非常にきれいなフレアが得られる。Kマウントへの装着はペンタックス純正のHelicoid Extention Tube とボディキャップを用いている。K100d SuperではフォーカシングをMFにしないとシャッターが降りない。

 両レンズともバチバチ撮ってピントの山とフレアの出かたの関連をじっくり調べることができ、フィルムカメラではできなかったいろいろな実験に挑戦している。「ベス単レンズを絞って撮る」というと邪道といわれるかも知れないが、シャープなデジタル専用レンズとは違ったやわらかい描写も近頃は新鮮に感じられる。デジカメの撮影範囲がさらに広がって面白ソーだ。(T.Kubo、2009年12月記)

Click to enlarge it.  Click to enlarge it. Click to enlarge it.
   
Click to enlarge it. Click to enlarge it.  Click to enlarge it. 


ベス単レンズのくわしい解説


 アナログ蛇腹カメラ 3台
 1 マミヤ-6 V型 645、6x6 兼用機 1953年発売
 当時の経済事情からセミ判で写したいユーザーに応えて対応したモデルもあったが、自動巻上げにはななっておらず二つの赤窓を利用した簡易仕様のものだっだ。
 このV型は6x6cm判、645判のサイズ切り替えが簡単にでき、双方とも自動巻止仕様の優れたモデルである。フィルムの装填は最小の一枚目だけ赤窓を使いあとは自動巻止めとなる方式だ。赤窓はフィルムの装填時に使用するだけで撮影時に赤窓を見ることはない。
 レンズ Olympus D.Zuiko 75mm F3.5 Shutter Seiko-Sha Rapid B,1-1/500sec. 撮影してみたがよく写る
  マミヤ-6 V型 フィルムの装填方法
  1. フィルムを一本撮りおえて、フィルムを取り出した状態では番号表示は1番を指している。この状態で巻上ノブは1番のまま、どこまでも自由に回る。次のフィルム装填のためである。
  2. 次のフィルムを入れて、赤窓にフィルムの1番が出るまで巻いていく、すなわち1枚目の撮影状態にするためだ。
  3. 1枚目の撮影が終わったら、巻止解除レバーを押して止まるまでノブを回す。
  4. 以下同様の操作で撮影する。
  5. シャッターを押すと(1枚写すと)ファインダー内に赤いマークが現われる。これはまだフィルムが巻かれていないことを示すマークになる。
  6. 巻止め解除レバーを押すとこの赤マークは消える(このときは必ずフィルムを巻いておく必要がある)。
  7. 12枚目の撮影が終わって巻止め解除レバーを押すと巻上ノブはフリーになり、番号指示は1番で止まる。すなわち1の状態に戻るわけだ。

 2 マミヤ-6 オートマット セルフコッキング 1955年発売
 シャッターのセルフコッキングを可能にしたモデルでスプリングカメラでは世界で初のスペックといってもいい。この種の蛇腹カメラはフィルムを巻いてもシャッターはコッキングされないのが普通だ。シャッターを押す前に必ずコッキング(セット)という操作が常に必要なのである。このマミヤ-6 オートマットは、コンパクト35ミリカメラと同じような感覚で、フィルムを巻けば蛇腹の先の方についたシャッターを簡単に撮影状態にセットしてくれる(セルフコッキングという)。実際に撮影してみると操作性はバツグンである。付いているシャッターは定番の00番 SEIKOSHA-MX、このシャッターの1/500秒のコッキングはかなり力がいり指が痛いくらいである。このオートマットは”イトも簡単に”これをやってのける。フィルム装填はスタートマーク式だが何故か赤窓が付いている。蛇腹カメラの終焉期に完成したモデルなので販売台数は少なかったようで市場ではあまり見かけない。
 スプリングカメラの最高峰といわれるツァイス・イコンのスーパー6も撮影時の操作性においては遠く及ばない。撮影例表示(3519 x 3515 pix)はここで
  オートマット フィルムの装填方法
  1. 裏蓋を開きフィルム番号窓に白または赤の"横線"が出るまで巻上ノブを回す。赤は前期モデル、白は後期モデル。
  2. フィルムを入れて、巻取りスプールの上の"丸いポッチ"(スタートマーク)にフィルムのスタートマークがくるまでノブを回す。ノブを回しても番号窓は"横線"のまま。
  3. 裏蓋を閉めてフィルムを巻き始めると"横線"が消え、巻き続けるとフィルム番号窓に1が表示され自動的にとまる。
  4. この時点でシャッターはコッキングされているのでそのまま1番の撮影ができる。
  5. シャッターをレリーズすると巻止めが解除されるので、巻上ノブを止まるまで回すと次の番号が出て止まる。
  6. 12枚の撮影が終わって、ノブを回すとすぐ番号窓に"赤ポッチ"が現われ、以後ノブはどこまでもフリーに回る。
  7. 巻取りの完了は赤窓で確認すると間違いない。
 3 スーパーグラフィック スピグラの最終機 1958発売
 スピグラはアメリカで1912年頃から販売された長い歴史あるの大型カメラである。最終機のこのモデルは、ボディが歴史のある木製から金属製に改められたハンディ4x5インチカメラである。4x5インチカメラでも手持ち撮影が可能なのだ。
 この姿写真は1980年代半ばに別のスピグラで撮影したもので、ポジとネガの両方が取れる白黒インスタントフィルムである。ポジは大名刺大の普通のインスタント写真だが、ネガは大変解像力が高く何枚もの焼き増しができることから当時は重宝されたインスタントフィルムである。そのネガが出てきたのでスキャナーでA3サイズにスキャンしてみた。ここの画像はそれを2Lサイズに縮小したもである。

edenTAB 内蔵カメラの実力
edenTAB 800万画素の撮影画像

 ケータイ電話とカメラ機能
ケータイ200万画素の撮影画像  カメラ機能のないケータイを探すのが難しいくらい最近はカメラ付きケータイが定着してきた。今では300万画素が標準で中には1,200万画素のものもある。そもそもケータイカメラの目的はサムネイルクラスの画像をメールでやりとりすることだったのでそれほどのハイスペックは必要なかったが最近ではQRコード(二次元バーコード)の普及により高性能化の必然性が増しているとも思える。補助(外部)メモリーにSD(mini、micro)カードなどを使った機種が増えているので音楽や画像データを保持するにはより便利になってきた。このメモリーカードはPCのハードディスクと同じ規格のフォーマットで互換性がありデーターの扱いがより簡単になったことでケータイの利便性が増してきた。このメモリーの中にはDCIMというお馴染みのデジカメ専用フォルダーがありこの中に撮影画像が保存される。ケータイに本格的なデジカメが組み込まれたと云っていいだろう。(T.Kubo、2004年記)

ケータイ300万画素の撮影Tele画像
ケータイ300万画素の撮影Wide画像
 2002年頃の30万画素クラスの撮影レンズの性能はイマイチで、ケータイ画面で見るには問題なくても、VGA(640x480)サイズで撮影してPCで見ると不満が残ったのを覚えている(四隅の像の流れ、色収差など)。その後100万画素以上になるとレンズ性能もそれなりに良くなり十分鑑賞に耐えるイメージが得られるようになり最近では光学ズームのついたケータイも珍しくない。フラッシュが無いだけで同クラスのデジカメと同じくらいの性能を持っている。200万画素で1632x1224、300万画素では2048x1600picsくらいの撮影サイズが得られ、六切(8x10インチ)位のプリントなら十分なクォリティを発揮するようだ。
 ケータイ内蔵カメラがこのように実用の域入った現在、高校生時代から常時携帯したいと思っていたマミヤスーパー16、ミノルタ16、ミノックスやその後のオリンパスXAなどは全く不要なものになってきた。(T.Kubo、2006年記)

ケータイ330万画素の撮影
ケータイ330万画素の撮影
 2007年末に3G仕様が必要になりケータイを買い換えた。300万画素のカメラ付きはこれが3台目、2年経つと内部のメモリーがずいぶん大きくなっていて、このモデルはVGA(640x480)サイズのファインモードの動画が撮れるようになっていたが光学ズームが無くなった点は機能面で少し後退だ。カメラを基準に選んだわけではないので不満はない。動画は実用の域に入ったが静止画像の画質については過去2台の300万画素と比べてもそれほどの進歩は認められない。(T.Kubo、2008年記) 夜景は2009年9月撮影。

 1200万画素のケータイカメラ
ケータイ1210万画素の撮影
 「CCD1,210万画素カメラに、世界初の100枚連写機能を搭載したデジタルカメラケータイ 」というキャッチに引かれてケータイを買いかえた。
 レンズ周りに「AUTO FOCUS 28mm WIDE f=5.07mm 1:2.8」とわけのわからない刻印がある。意味不明の表記だが、35ミリカメラ換算で28ミリ画角のワイドレンズという意味でマニアに向けたメッセージだろう。銀鉛カメラ時代、ズームコンパクト機とは異なる28ミリ単体レンズ付き高級志向のカメラがサブカメラとしてもてはやされた。
 テスト撮影をする機会はまだ少ないが、明るい屋外でスナップしてみた。おまかせオートというカメラまかせの機能だったが、シーンに応じていろいろ設定を変えてくれるらしい。よく写る、ケータイカメラとしては合格である。ただ、ズームアップするとたちまち記録サイズが縮まり最後は640x480のVGAになってしまう、デジタルズームしかないのが悲しい。28mm専用機ならで仕方のないことだろう。このショットは六切でプリントアウトしてみたが、色のり、ピントともコンパクトデジカメとあまり変わらない、従来のケータイとはひとあじ違うイメージが得られる。ワイドスナップカメラとしてなら十分実用になりそうだが従来あった光学2倍くらいのズームは是非欲しい。以前のモデルにも有ったがデスプレーを表(おもて)にして畳めば超薄型デジカメになり散歩カメラとして重宝する。操作性は悪くない。ただ諸元の変更はタッチパネル式なので慣れが必要だ。撮影は「おまかせオート」が無難だが「こだわりカメラ」というマニュアル志向の設定や瞬撮なども選ぶことができる。 (2010年3月記)


ケータイ1210万画素の撮影
 28mmスナップカメラ・・・として使ってみた。
 明るい屋外では合格、大変よく写る。ただ、ピーカンの屋外ではディスプレーの反射が邪魔して像がほとんどみえないので撮影には苦労する。屋内の人物撮影にはフラッシュ撮影が可能で、ある程度実用になる。フラッシュといっても光源はLEDなので1.5メートル以内でないと露出不足になる。 (2010年6月記)

 ライカやスピグラで写真を撮るのはこの上ない楽しみでも、仕事ではデジタルカメラの多用を余儀なくされている。効率を考慮した結果にほかならない。デジタルカメラの性能の向上は目覚しくメガピクセルの登場でそこそこのプリントが得られるようになった。コマーシャルフォトの世界ではフォトレタッチに見られるように、後からの修正でシャープにもソフトにも加工することができ、写真を撮るときにあまり手間や時間をかけず、できた写真の修正で仕上げてしまうのが最近の傾向である。銀鉛写真は撮るときが勝負、これこそ写真術が生きる醍醐味だろう。手を抜こうものなら必ずしっぺ返しが来る。
 デジタルカメラが銀鉛カメラにとって代わる日はもうそこまで来ている。味気ないデジタルの日々がやってきても、私は現役を退いた銀鉛カメラ、ライカやスピグラ、を使い続けていたいと思っている。(T.Kubo、2001年記)


 デジカメ遊び3題 (2001年11月記)
1 フィッシュアイ効果
Click to enlarge it.  20年くらい前にサンフランのカメラ屋の店頭で口のうまいセールスマンに90ドルでワイドレンズ・ アタッチメントなるものを売りつけられた。50ミリレンズに付けると超ワイドに、ワイドレンズに付けるとフィッシュアイのような画像が得られるという、フィルターネジを利用するコンバージョンレンズ(NIKORA Super Wide 0.42x)だ。旅行中に使った結果はおもわしくなく周辺のピントがいまいちで、騙されたと苦々しく思った記憶がある。考えてみれば、高々90ドルで高価な魚眼レンズと同じ画像が得られる筈がない。以後このレンズは長い間本棚の隅で眠っていた。コンパクト・デジカメはレンズ交換ができないのでレンズの先にコンバージョンレンズをつけて効果画像を得るのが普通で、このNIKORAをデジカメに付けてみたらどーなるか。試してみたのが上の写真である(クリック)。

2 超望遠レンズ
Click to enlarge it.  これも30年くらい前のことだがスポーツ紙の広告に引っかかって買った望遠アッタチメントレンズである。バードウオッチングのほか一眼レフに付けると400ミリから1000ミリの超望遠効果が得られるというキャッチに騙されて数千円で買ったものだ。ものは高倍率の単眼鏡で接眼レンズ(凹)の焦点距離(というのかどうか)を変えて400〜1000ミリの画角を得るものだ。単眼鏡として覗いて見ただけでコントラストが低く写りの結果は見えている。撮影してみた記憶はなくこれも新品のまま眠ってしまった。コントラストの低いイメージは撮ってみるまでもないと思ったからだ。この単眼鏡のどてっ腹に穴をあけて三脚座を取り付けデジカメで撮ってみたのが右のカットである。コントラストは低く少し色収差もでるが被写体によっては面白いイメージが得られるのが面白い(写真をクリック)。

Click to enlarge it.  2003年8月は火星が地球に6万年ぶりに大接近とか。なるほど夜空を見上げると一際大きい赤い星が直ぐに見つかる。うす曇りで他の星が見えないときでも火星だけは丸く見えている。同9月9日は月と火星が大接近、といっても本当に接近するわけではなく地球から見ると接近して見える角度になるというわけだ。この単眼鏡で月と火星のランデブーを撮ってみた。特に色補正はしなくても火星はやはり赤く写る。月の右下。

 考察
 35ミリカメラの24x36mmのフィルムサイズに対して、私のデジカメのCCDは対角線が僅か12.5mm(1/2インチ)で、35mmフィルムサイズよりうんと受光面積の小さいのが幸いしてか、あるいは数ミリから20ミリくらいのデジカメ特有の短い焦点距離のせいか、とにかく上の二つのアタッチメントレンズはフツーのカメラでは使い物にならないのに、デジカメで遊ぶには十分面白いイメージを提供してくれる。

3 ビデオ用ワイドコンバージョンレンズ
Click to enlarge it.  私のデジタルカメラは35mmレンズ換算で40-120mm相当の光学3倍ズームがついている。ワイド端の40mmはちょっと不満で、できれば28mm相当が欲しいところだ。試しにビデオカメラ用の Kenko x0.5コンバージョンレンズを買ってみた。インターネットオークションなので値段は安かったが、これは明らかに失敗だった(右の写真をクリック)。
 このレンズをつけると40mm x 0.5で20mmの超広角画像が得られる筈だったが使ってみるとサンプル写真のように広い画角は得られても周辺の像は流れ、ごく中心部を除いて色収差が出て使い物にならない。試しにズームを少し引いてみても、中心部で明らかに画質の劣化がみられる。x0.5に起因するのか、ビデオ用だからいけないのか原因はわからない。因みにオリンパス純正のデジタルカメラ用ワイドコバージョンレンズの倍率はx0.8でこの辺が限度か。 (T.Kubo、2001年11月記)

コンパクト・デジカメ雑感

 2002年頃のコンパクト・デジカメ
 
 デジカメ(コンパクト型)選びの5ヶ条
 1 画素は100万以上あれば可。
   500万画素 A3
   340万画素 A4
   200万画素 六切
   130万画素 キヤビネ(2L)
   が十分高画質なプリントで楽しめる。
 2 光学式ズームがついている方が望ましい。デジタルズームだけではNG。
 3 ファインダーがついていること(昔は無いものがあった)。
 4 電源は単三型電池を使うものが望ましい。ニッケル水素電池が経済的。
   専用電池を使うデジタルカメラは予備の専用電池を最低2個は買っておく。
 5 大手カメラメーカーのものは外部ストロボやアタッチメントレンズなどが使えるモデルもある。PL、ソフトフィルターなども楽しめる。レンズのフィルターネジに取り付けるアクセサリーなら何でも遊べる。

 因みに私はこれらの条件に「ネック・ストラップが使える」を付け加えた。もちろん価格が予算内であることがトップの条件。もうひとつ、縦長のカメラは個人的に好きなれない。また、コンパクトデジカメにはレリーズケーブル用の穴がないのが不満だ。超望遠撮影のときには絶対必要なものだと思う。リモートコントロールユニットを使うのが対応策でリモコンを買ったが、月のクレーターの写真はセルフタイマーを使ってみた。
 デジタルカメラは気軽に使え、よく写るので重宝しているが、単純なだけにすぐ飽きてしまう。いろいろなアタッチメントがつけられるカメラなら工夫して楽しむことができるのでこんなことで遊んでいる。
 主な用途はWEB用だが、プリントもキヤビネ〜六切なら200万画素でも十分楽しめる。
 (2003年記 T.Kubo)

 2004年のデジカメ
 常時携帯したい・・
 200万画素といえば、最近ソニーのDSC-U40という名刺より小さい超コンパクトカメラを手に入れた。上に書いたデジカメ選びの条件から言えば失格だが、メモ用としてはなかなかよく写る使い勝手のいいカメラである。ケータイでも200万画素は珍しくない時代だが、レンズがいまいちのような気がしてこのカメラの魅力に嵌(はま)ってしまった。いつでもポケットに入れておけるコンパクトさが昔のミノックスを思いださせたからだ。
 光学系はズームレンズではなく単焦点5mm、F2.8、4群5枚(非球面レンズ1枚)の構成。画角は35ミリカメラ・レンズ換算で33mmレンズに相当し、35mmレンズのつもりで撮ってみると、意外にも28mmに近いのパースペクティブ(遠近描写)が得られるのには驚いた。今までのデジカメとはちょっと違う描写を楽しむことができソーだ。
Civicもスポ−ティに見えるワイドレンズ
 超コンパクトカメラはいろいろあって迷ったが、決め手になったのは電池である。指定は単4ニッケル水素充電池なので将来的にも安心、またアルカリ乾電池にも対応するので緊急時にはコンビニに飛び込めば事は足りる。故障がなければ5年でも10年でも使えるだろう。
 単3電池も充電できる充電器、メモリーはメモリースティックDUO-8MBが標準でついていたが、これは64MBに交換した。ちょっと不便なのは光学ファイダーがないこと、小さい液晶なので老体には遠景撮影に苦労することがある。しかしメモがわりのカメラとしては逸品である。

  SONY Cyber Shot U DSC-U40
1 大きさ 82.8×39×26mm(最薄部20.9mm)、重さ(約83g) 撮影時 約114g
2 CCD サイズ 1/2.7型 総画素数 210万画素
3 画像サイズ 最大1,632×1,224pix
4 合焦範囲 AF=0.1m〜∞、マクロAF=フルレンジAF
 (Apr 2004 T.Kubo)

 2007年のコンパクト・デジカメ
 4年経ったらデジカメ・スペックは一遍していた。コンパクト・デジカメでも1,000万画素、手ぶれ防止、複数顔認識機能が付き、光学ズームは3〜5倍、ムービーは640pixで一時間のファイン連続撮影ができるのが当たり前のようだ。pcに頼らない「ダイレクトフォトプリンター」や、いわゆる写真立てのデジタル版「デジタルフォトフレーム」というものまで出現してコンパクトデジカメをより実用的なものに変身させてしまった。ダイレクトフォトプリンターはデジカメと直接つないだり、外部メモリから直接写真印刷ができるというもので、ほとんどが昇華型熱転写方式(インクに熱を加えて昇華させる方式)を採用している。インクジェットよりもより印画紙に近い仕上りが得られると云われている。デジタルフォトフレームは、デジカメやケータイで撮影した画像を順番にスライドショーで見せたり、あるいは特定の1枚だけを表示しておく電子写真立てとでも云えるものだ。おびただしい量の写真が撮れるデジカメではこの方が安上がりで実用的だろう。スクリーンサイズも5〜10インチ以上まで、さまざまなものが発表され、数千円から1万5千円のお手ごろ価格で買えるものが多いようだ。
  SONY Cyber Shot DSC-T20
 カール・ツァイスレンズ/バリオ・テッサー(レンズ構成:9群11枚〈非球面レンズ3枚/プリズム1枚〉)というレンズのついたSony DSC-T20は光学式3倍ズームを持ちながら撮影時にもボディからレンズが繰り出ないのが特徴。f=6.33〜19.0mm(35mmフィルム換算:38〜114mm)。MPEGムービー撮影はVXファイン(640×480、約30fps)というモードで4GBメモリーなら約50分の撮影が可能。
 ワイドエンドコンバージョンレンズVCL-DE07T、倍率:0.77倍が別売されている。ワイド端で使用すると35mm換算で29mm相当になるが近景では"たる型ひずみ"が目立つので撮影には注意が必要。DSC-T20_SPEC (Feb 2009 記)
SONY Cyber Shot DSC-T20の撮影画像

Home