1954年、ライカM3誕生の頃


 1954年ライカM3誕生の前夜、他のカメラメーカーはそれまでライツが生産したヒット商品 旧型ライカIIIF型(バルナック型ライカ)のコピーに喘(あえ)いでいた。

 コピーライカは数多く作られたがライカを超えるものは生まれていない。そういった時代に、他を全く寄せ付けない高性能なライカM3の誕生はその後の「世界カメラ産業地図」を大きく塗り替えることになる。旧型のIIIFでさえ追いつくことの困難な技術水準にあって、M型ライカはコピーメーカーにとって遠く及ばない雲の上の存在になってしまった。

M3 Back  このあまりにも優れた性能に、内外の多くのメーカーはレンジファインダー機のコピーに見切りを付けて一眼レフカメラへと転向を余儀なくされたのである。ライカに追いつけ、追い越せのムードは消えてしまった。これが功を奏して、後に日本は当時の西ドイツを抜いて世界一のカメラ王国になっていくのである。この頃を思い出してみると、一眼レフは顕微鏡撮影や接写といったテクニカルな分野での活躍が目立っていた。

 レンジファインダー機のスペックは一眼レフのそれに遠く及ばないことは当時既に知られていた事実である。シャッターを切ったときのミラーブラックアウト、大きく重いカメラの存在は普及を困難にしていた。軽く小さく、望遠やワイド、接写に威力を発揮する一眼レフが現れたのは1960年代に入ってからである。

 他の追従を許すことのなかったライカM3は、ライツ社とって逆に一眼レフへの開発に乗り遅れることになり、ユーザーの眼が一眼レフに向き始めたときは既に遅く日本にカメラの王座を譲る結果となってしまった。

 あまりにも優れたカメラを出したことが逆に災いとなったのである。


Lica M3