エドロムニーはどんな人

 エドは1946年頃から活躍しているアメリカの写真家です。その頃に初めての彼のニュース写真が発表されています。1969年頃からカメラの収集、カメラディーラーや修理も手がけるようになり、この年初めて「アマチュアにもできるカメラ修理」という記事を発表しました。その後、彼のカメラ修理記事には多くの反響があり、「カメラ修理の秘訣」を公開してみようと決心したのは1975年のことでした。
 彼の書いたTRADE SECRETS OF CAMERA REPAIRという本はたちまち世界的なベストセラーになりました。この本によって、ちょっとメカの知識がある人なら自分でカメラの修理ができるようになりました。この本は年々改訂され、今では ◎BASIC TRAINNIG IN CAMERA REPAIR:(カメラ修理の基礎テキスト・以下略してBT) としてよく知られています。
 132ページ、10万語を超えるこの本はポピュラー&モダンフォトグラフィー誌をはじめ、ピーターセンズ・フォトグラフィック、ライブラリージャーナル、PPA、PSA などの有名誌や外国のメディアにも絶賛されて紹介されました。世界中の何千もの図書館がこの本を購入しています。
 当然の成り行きとしてエドは、カメラの修理技術が公開されたり、誰でも修理が可能になることを恐れた一部のディーラーと修理業者から反感を買うようになったことはいうまでもありません。面白いことに書店やカメラショップでは入手困難な本にもかゝわらず、大衆はこのロムニーブックを支持して今でもよく売れています。
 この本が爆発的に売れた結果、人々はアンティークカメラ、クラシックカメラや大判カメラへの興味を増幅させていきました。彼はその後もたくさんの記事や本を書き、大学レベルの写真コースでも教鞭を取っていました。1987年までのシャッターバグに書かれた彼の連載記事を思い出す方も多いことでしょう。

Basic Training in Camera Repair
に取り上げられているカメラ

 アグファ、アーガス、キャノン、シロフレックス、コンパーシャッター、コンタックスII、IIA、III、コパルシャッター、エキザクタ127からRTLまで、グラフレックス、アイレックスシャッター、コダック、コニカオートリフレックス、ライカ1からM4まで、リンホフ、マーキュリー、ミノルタ、ミノックス35、ニコマート、ニコンRFからSLRまで、オリンパス OM-1、OM-2、XA、ペンタックス35ミリ、プラクティカ、レチナ、ローライフレックス、セイコーシャッター、ホクトレンダー、ヤシカマット、ツァイスやゼニット。
 最近の自動露出付きやオートフォーカスカメラの章もあります。◎ベーシックトレーニング(BT)は1928年以降のカメラをカバーしています。

 訳者注:今ではBTの翻訳版カメラ修理の秘訣 が日本語で販売されています。

Romney Bookの
お申込み

Home