レコードの種類(全てCD化可能)
  1. 30cmLP  直径が30cm(12インチ)の最もポピューラーなレコード。回転数が33.3回転(分)、両面で1時間以内の楽曲が録音されている。
  2. 25cmLP 直径が25cm(10インチ)のLPレコード。回転数は33.3回転、録音時間が30cmLPより少し短い。
  3. 45cmLP 高音質をねらった30cmLPながら回転数が45回転のレコード。少量が販売された。
  4. 17cmLP 直径が17cm(6インチ)の33.3回転レコード。録音時間は両面で15分程度。
  5. EP 直径が17cmで中心の穴が大きく(3.8cm)、その形からドーナツ盤またはシングル盤と呼ばれていた。回転数は45回転。録音時間が両面で7〜8分程度、歌謡曲のデビュー盤に多く採用された。
  6. SP盤 初期のレコードで直径は25cmくらい。回転数は72〜78回転、録音時間は両面で7〜8分程度。
  7. ソノシート フィルム状のペラペラのレコードで直径は17〜20cmくらい。回転数は33.3回転、雑誌の付録、視聴盤として普及した。録音時間は両面で15分程度。 片面だけのものもある。

Home