宮間利之とニューハードのビッグバンド・ジャズ音楽鑑賞会のご案内



 宮間利之とニューハードは、現在全国の小・中・高校生のためのビッグバンド・ジャズ音楽鑑賞会を継続的に行っております。
 昭和58年開始以来、今日まで20年数多くの小・中・高校に出演し、音楽教育はもとより、児童・生徒の情操教育にもいささか寄与し得たものと確信しております。

 中には3年に1度、定期的に情操教育カリキュラムの一環に採用している高校もあります。生徒たちにとって在学中のジャズ鑑賞会は一生の思い出になります。


2002年12月 立川女子高等学校音楽鑑賞会(立川市民ホール)



音楽鑑賞会の主旨

 アメリカではキャンパス・ジャズコンサートがとても盛んですが、日本ではまだジャズへの理解が低く、クラシックに比べるとその回数は微々たるものです。ところが最近の生徒たちのオーディオ&ビジュアル感覚の発達ぶりは驚くばかりで、テレビ、ラジオ等から流れる新しいポップスをすぐに覚え、歌ったり演奏したりします。
 ポップスの元になっているのがジャズで、高度な音楽性、明るい娯楽性を合せ持ち、現代の若者の感覚に最もマッチした音楽といえましょう。ロマンチックな音色のサックス・セクションと、力強いブラス・セクションが織りなすハーモニーと、躍動感あふれるリズム・セクションが一体となったビッグバンド・ジャズサウンドは、育ち盛りの生徒たちの豊かな感受性を刺激し、安らぎと力強く生きる意欲をかき立てるに違いありません。
 正統的なジャズを、正しい環境で、正しい解説と共に鑑賞させることによって、従来のクラッシク鑑賞とは異なる、新しい情操教育が発見できるものと確信いたします。
 このようなジャズ音楽によって生徒たちの人間性が豊かに開花してくれるならば、音楽を職業とし、提供する私たちが学校でのビッグバンド・ジャズ音楽鑑賞会を推進する最大の理由がここにあるのです。



ジャズはからだ全体で聞いてください

 ビッグ・バンドジャズは、ジャズの魅力の全てをそなえています。
 フォービートのスウィング・リズムからロックやラテンまで、ビッグ・バンドのリズムセクションはあらゆる種類のリズムを打ち出します。そのリズムにのってサックスやトランペット、トロンボーンの各セクションが分厚いアンサンブルを吹きまくります。そこへ各楽器のソロプレイヤーがジャズの生命である即興演奏(アドリブ)を披露します。
 このリズム・アンサンブル・ソロプレイの三つが一体となって、ビッグ・バンドのゴージャスなサウンドが出来上がります。このサウンドを肌で感じると、胸がワクワク、ひとりでに体がスイングしてきます。ビッグ・バンド・ジャズならではの醍醐味がここにあります。
 耳が難聴になるのではないかと思われるくらいの強烈な音量のロックリズムが今若者に受けています。クラシック音楽に通じるジャズは、その多彩なスタイルを生み出すサウンドです。耳で聴くのではなく、目で見てからだ全体で味わってください。



プログラムの内容

 生徒の興味をかき立て、ジャズを音楽的に正しく理解してもらうために、小・中・高校によってそのプログラムは異なります。共通している点は、
     
  1. ジャズの変遷が曲で理解できる。  
  2. その時代時代の代表的なジャズ曲を演奏する。  
  3. リズムの変化を演奏し、生徒にも参加させ実際にそのリズムが理解できる。  
  4. 各楽器を説明し、音色、機能、合奏した場合の効果などが理解できる。  
  5. クラッシク曲をジャズ編曲で聞かせ、その変化が理解できる。  
  6. 南米系の音楽を重点的に演奏し、カラフルな民族音楽が鑑賞できる。  
  7. 校歌、市町村歌などをビッグバンドで演奏する。 (新しく編曲依頼があれば実費で提供)  
  8. <振り袖は泣く>など日本楽曲のジャズ編曲を演奏する。  
  9. カウント・ベイシーのナンバーやチック・コリアの<ラ・フィエスタ>など、高度なジャズを演奏しその真髄が理解できる。

プログラム進行例




推薦文


宮間利之とニューハードを聴いて
 生徒の感想(抜粋)

 私の父母が恋人同志だった頃聞いた宮間利之とニューハード
 私はこの演奏を聞く前に、私の父母に「学校で宮間利之とニューハードの方々の演奏を聞きに行くんだよ」と話したところ、父と母はびっくりしたように「私達がまだ結婚していない時、よく見に行ったよ」と、思ってもいないような答えがかえってきたので、母がびっくりした以上に、おどろきました。私がまだ生まれていない頃に、父と母が宮間利之とニューハードの方々の演奏を聞いたなんて感激なような、ほんとにこんな偶然なんてあるんだなぁとつくづく思いました。(中略)演奏がはじまり、皆様が舞台の上に出てこられると、私は拍手をしながら、「父と母と一緒に見たかったなぁ」と思いました。父と母が恋人同志だった時に聞いた曲だけあって、すばらしく心にのこるものばかりでした。父と母のように私も、いい人ができたら、皆様の演奏を見に行きたいです。これからも体に気をつけて、ガンバッテください。(都立赤城台高等学校・中沢和代)


 先生方の感想(抜粋)

 すごい迫力、最高の文化行事
  当日まではやはり不安でした。何しろ初めての行事ですし、事前に生徒と話してみると、音楽は好きだがジャズには関心がないという生徒がほとんどで、ジャズはうるさいもの、素人にはわからないものという根強い先入観があるようでした。事前に配布したバンドの紹介やプログラムなどもあまり読まれていないようでした。
 そして、当日、開演直前まで場内は騒然としていました。やはりこの種の行事は無理だったのではないかと、正直なところ暗澹(あんたん)たる気持ちになりました。しかし、オープニングのテーマが流れると、不安はたちどころに霧散しました。すごい迫力に生徒たちが完全に圧倒され、引き込まれていることがわかったからです。その後は私も安心して演奏を聴くことができました。スタンダードが中心の演奏は生徒の耳にも馴染みやすかったと思いますし、楽器紹介や生徒の参加するコーナーなど変化のあるプログラムで見ていて飽きることがありませんでした。楽器や音合わせも少し覗かせていただきましたが、皆さんのこの種のコンサートにかける熱意がひしひしと感じられ感服致しました。私どもの学校としては最高の文化行事であったと思います。教員の間でも評判がよく、おかげさまで担当者としての重責を果たすことができました。生徒のなかには確実に何かが残っているようです。(東京都立羽田工業高等学校 図書視聴覚担当 渡辺昭夫)

 ジャズに魅了、余韻ぬけず
 音楽に精通していない私どもにとりまして「ジャズ」は前衛的で難解な音楽で近寄りがたい存在と考えておりました。しかし、今回の宮間先生のわかりやすい解説と暖かい人柄のにじみでた演奏を通して「ジャズ」がいかに楽しく健康的な音楽であるかを十分知ることができました。
 演奏が終わって下校する生徒の表情をみますと何かしら魅了の1時間半の余韻がぬけきらないようでした。また、職員室はと申しますと、感動の後によくみられる一種の虚脱状態の雰囲気が感じとれました。
 心こめての迫力ある演奏のおかげとあらためて熱くお礼申し上げます。(帯広大谷高等学校・斎藤政孝)

感想文 続き


Home

ニューハードの音楽鑑賞会に関する活動は、
中間業者を介せず、
学校とニューハードの事務所で直接行っております。

お問合せ、資料の請求は、
ニューハードの事務所
(有)リトルビート
Tel 03-5770-7860 Fax 03-5770-7863
 newherd@little-beat.com