NHK 505 Session 宮間利之とニューハード
Mar 14 2004


収録風景


小川もこと宮間利之
 セッション505のニューハードはいつも「Cジャムブルース」で始まる。この日もあの軽快なリズムが響き、小川もこのいつもの聞きなれたMCでスタートした。
 17時ジャストに始まった収録は立ち見が出るほどの盛況で、多くの観客から83歳になる宮間利之に何度も声援が飛んでいた。「Night in Tunisia」で始まり、山木幸三郎作曲のオリジナルが3曲続き、川村裕司編曲の「イパネマの娘」で収録は終わった。その後は会場に来た人だけのお楽しみ、アンコールは「St.Louis Blues」、最後はニューハードのテーマで締めくくられた。演奏後、汗びっしょりの宮間利之は観客の反応が良かったのか満足そうな笑顔だった。
 この日の収録は4月10日(日曜日21:00〜22:00)にNHK FMで放送される予定。この番組は東京渋谷のNHK放送センター505スタジオにて収録されるジャズライブをたっぷり聞かせる1時間番組。四半世紀の歴史をもち、小川もこが司会進行、インタービューを努めている。Mar 15 2004 T. Kubo


Program
OpeningCジャムブルース(1:58)TP 伊勢秀一郎
M1ナイト イン チュニジア(9:43)TP 牧原正洋、伊勢秀一郎、AS 海付 豊
TB 溝田 聡、PF 松本全芸
M2千秋楽(11:55)TB 片岡輝彦、TP 牧原正洋、AS 今尾敏道
TS 川村裕司、DR 坂田 稔
M3寿老神(5:40) TP 伊勢秀一郎
M4妖怪河童等今日何処棲也(10:02)PF 松本全芸、TB 中 雅志、AS 今尾敏道
DR 坂田 稔
M5イパネマの娘(6:40)TS 川村裕司、TB 溝田 聡
Enchoreセントルイス ブルース(6:44)AS 今尾敏道、TB 溝田 聡、TP 牧原正洋
TS 鈴木 圭



収録後の記念撮影

Home