ニューハードのピアノ協奏曲 No1
 「エッ」と耳を疑うフレーズだが、チャイコフスキーの名曲をニューハードが演奏したLPレコ−ド「チャイコフスキーの素敵な世界」がある。
 ♪悲愴、くるみ割り人形、ピアノ協奏曲第一番、白鳥の湖、アンダンテ・カンタービレや眠りの森の美女などが収録されている1972年の録音で、全て前田憲男の編曲である。
 どれも耳慣れた調べだけに、ニューハードが演奏するとこうなるのか、クラシック、ジャズの対比が面白い。スイングしながらクラシックを聞くのもいいだろう。もう30年以上前の録音だが今聞いてもいい音がしている。

Home