初めてのスピグラ
電子出版・日本語版(CD-R版)・永久保存版


スピグラとはどんなカメラ?
この書があれば、スピグラのことがよくわかる、今すぐ写してみられる!




今、信じられない価格で手に入る、
報道現場で活躍したスピグラ
(スピード・グラフィック)こそ、
4x5銀鉛写真の原点!しのごは面白い ! !
 報道現場で活躍したスピードグラフィック、4x5インチカメラはスピグラの愛称で親しまれています。このスピグラの使い方について初心者の方を対象に詳しく書かれた日本語解説書です。スピード、クラウン、センチュリーグラフィックの基本的な使い方、写し方が詳しく解説されています。また、4x5カメラのバック部品やアクセサリーについても豊富な使用例とともに記述されています。
 一度は大判をやってみたい、そんな方のための入門書でもあります。4x5は"しのご"と読み10cm x 12.5cmの大判フィルムのことです。
 スピードグラフィック、4x5インチカメラの詳しい取説といっても過言ではありません。スピグラの日本語資料は殆どないのが現状です。


メディア CDR 高解像力PDFファイル、A4版48ページ
ファイル形式  1 Adobe Acrobat用PDFファイル (約12Mバイト)
フォント 11 Point
価 格 2,510.-
送 料   390.-
合 計  2,900.-
お届け 佐川急便(または郵送)
お申込み



PDFファイル 初めてのスピグラ(スピード・グラフィック)
目次
はじめに、スピグラとは、ペースメーカーグラフィックの出現、ペースメーカーになっての改良点、ペースメーカーのバリエーション、どんなフィルムが使えるか、グラフロックバック、TOPレンジファインダーモデル 各部の名称、スピグラの標準装備レンズ、スピグラと交換レンズ、レンズボード、インフィニティストップ、レンジファインダー(RF)、距離目盛、ビューファインダー、フォーカルプレーンシャッター、シンクロターミナル、RFカムの交換、ロールホルダーを使うときのビューファインダー、フィルムホルダー、購入した時のピントのチェック、グラフライト、いざ撮影、高度な撮影、バックの操作、手持ち撮影のヒント、スピグラとワイドレンズ、ミニアチュア スピードグラフィック、センチュリーグラフィック、クラウングラフィック、スーパーグラフィック、スピグラの歴史、カメラレビュー別冊クラシックカメラ専科No.53より
サンプルページ

 アクロバットリーダー(フリーソフト)で見たり、印刷できるのがPDFファイルです。
 A4サイズ、文字は見やすい11ポイント。両面印刷可能。PC画面で見ることも考慮して段組はしていません。
 PCで参照しやすいように「しおり」で一発検索(ジャンプ)が可能です。高解像力PDFファイル、A4版48ページ。

Home | Book List |