Invitation to the Jazz Live
Report 30
宮間利之とニューハード Live Take 14 (26 Apr 2003)


「宮間利之とニューハード」第14回定期コンサート

 日本を代表する「宮間利之とニューハード」が年二回定期コンサートを開いている。今回は今年の1回目の定期演奏会。
 第一部は「山木幸三郎作品集」で、ニューハードと共に歩んできた山木幸三郎の作曲による曲目が演奏された。曲目は「OPA」「Country Blues」「千秋楽」「NICE」「振袖は泣く」。OPAとNICEは初演である。ずいぶん前に作曲されたものだがニューハードによる演奏は今回初めてである。大変好評だった。
 第二部は「ポピュラージャズをあなたに」。曲目は「聖者の行進」「イパネマの娘」「ガシュインメドレー」「キャラバン」「ソウルボッサ」そして「ワークソング」の順に演奏された。ニューハードの演奏会が初めての人も多く、ポピュラーなジャズに満足した様子だった。昔リードトランペットを吹いた岸義和が再びニューハードに戻ってきた。もちろんリードとしてである。宮間利之とも息がぴったりでソロの存在感はさすがであった。この日は岡田澄雄に代わって福澤知成がバストロンボーンを努めた。
 7PMにスタートした今夜のR's Art Courtは超満員だった。立ち見の観衆もずいぶんいたようだ。26 Apr 2003 T.Kubo

★宮間利之とニューハード ライブのお知らせ
 2003年 6月30日 「素晴らしきジャズの世界」
 栄光のニューハード史に輝く5人のサムライ!
 銀座ヤマハ・ホール

 前売・予約・お問合せは
 ニューハード音楽事務所(03-3403-0565)または さくらんぼ(0424-88-0626)
 Related web Site NEWHERD Official site